あなたはどれを選ぶ?日本で人気のアンティーク家具をご紹介

ひとくちにアンティーク家具と言っても様々な種類のものがあります。ヨーロッパだけではなくアジアや昔の日本のものも最近では人気が出てきています。直接店舗で購入するだけではなくネットで購入出来るようになったのも人気に拍車をかけているようです。

しかし、やはりアンティーク家具と呼ばれるもので日本人に大きな人気を保っているのは家具としての機能の良さとデザインの美しさを兼ねそろえたイギリスやフランスのものでしょう。

特にイギリスのアンティーク家具は同じ島国という風土もあるのか、日本の和室にも馴染みやすいものが多いといわれています。派手すぎない、しかし実用一辺倒でもない上品なデザインが日本人の好みにあっているのかもしれません。

その中でも人気があるのは収納家具であるキャビネットや小さなテーブル、チェアのようです。家具としても使いがってがよく、インテリアの配置もしやすいというのがその理由のようです。

欧米とは違い狭いマンションやアパートに住む人の多い日本人がそれでもアンティーク家具を購入したいと思った時に、キャビネットやチェア、サイドテーブルなどはちょうどいいのでしょう。

例えばチェアなどは椅子としてだけではなくいろんなものを飾り付けられる小さな棚として日本の狭い部屋では重宝出来ますね。アンティークの椅子が一脚あるだけで部屋の雰囲気はぐっと変わるでしょう。

同じく配置がしやすいといういう理由からか、ランプを購入される方も多いようです。個人的にも最初に購入するアンティーク家具はランプをオススメしたいところです。

ランプをオススメする理由はまず価格が10000~40000円程度の買い安いものであることです。また、アンティークですとシェードやスタンドを自由に組み合わせられるという楽しみもあります。

ランプで人気があるのはガラスのシェードのものです、フランス製のアールデコ調のものはお部屋をぐんと華やかにしてくれますし、イギリスのヴィクトリアン調のドレスのスカートのような可憐さも魅力です。

同じスタンドでもシェードを変えるだけで全然雰囲気が違ってきます。他のアンティーク家具と違って、複数気軽に購入できるというのもランプの魅力ですので、興味はあるけれど大きな物はちょっとという方でも安心して試すことが出来ます。

もちろん、大事なのはあなた自身の好みですのでそれ程人気を気にする必要はありません。しかし、人気があるということはそれだけの理由があるということでもありますので、アンティーク家具初心者の方はそういう面もチェックしておいて損はありませんよ。

Read More

初めてでも大丈夫!アンティーク家具選びのポイント教えます

現在では家具と言っても様々なタイプのものがあります。特に私達の住む日本では世界中の国からエキゾチックでモダンなデザインの物を購入することも可能です。そんな選りすぐりのなかからあなたがアンティーク家具を選ぶのはなぜなのでしょうか?

やはりそれはアンティーク家具の持つパティーナ(古色、風合い)やデザインに惹かれたからではないでしょうか?アンティーク家具には積み重なった歴史があります。それが一体一体の家具に他にはない独特の存在感を与えているのです。

ですので、選ぶポイントの最初のひとつ目はあなたの感性とそのアンティーク家具の個性が合うかどうかということです。希少価値はあるかとか、価格はいくらかなどということより以前にあなたのお部屋に置いて長く愛せる家具かどうかを考えてみましょう。

ふたつ目のポイントはは家具のコンディションのチェックです。良いお店では仕入れたアンティーク家具をその風合いは損なわないまま現代でも実用出来るように修復してくれています。

足などがガタついていないか?収納の部分があるのならば扉はスムースに開け閉め出来るか?引き出しの出し入れに引っかかりはないか?装飾品としての美しさも大切ですが、しっかりと家具としても使えるのか出来る限り触ってチェックしてみてください。

また、アンティーク家具ですので当然小さな傷などがある場合が多いでしょう。大抵のお店では目立たないように修復してくれていますがそれにも限度があります。あなたがそれも味わいだと思えるのならば良いのですがそうでない場合は購入前に全体を見ておきましょう。

みっつ目のポイントは家具の設置場所です。アンティーク家具は無垢材を材料に天然素材のワックスで磨き上げられていますので、熱と水分、乾燥には弱い造りとなっています。

劣化を防ぐために直射日光の当たる場所は避けてください。強すぎる冷暖房にも注意しましょう。また、もちろん普通の家具と同じように他の家具とのスペースの配分も重要です。

横幅や高さは誰でも気にかけると思うのですが、意外とチェックを忘れてしまうのが奥行です。他の家具に比べて出っ張っていたり、住人の日常生活の動線の邪魔にならないように気をつけましょう。ぶつかったりしてせっかくの綺麗な装飾部分を壊したくはないですよね。

最後のポイントは購入するお店と良く相談することです。良いお店の店員さんは知識も豊富です。自分だけではわからないプロの視点で家具選びを手伝ってくれます。

また、アンティーク家具は年代物ですので、時々素人には難しい補修を必要とする場合も出てきます。そのような時にはどんなフォローをしてくれるのか?保障はあるのか?などということをきちんと確認しておきましょう。

Read More

通販でアンティーク家具を購入する場合の注意点

アンティークは基本的に1点ものです。長い歴史を生き抜いてきたものですからそれぞれの家具が他にはない個性を持っているのです。ですから出来るならば直接店舗に行ってあなた自身の目と手で確認をして選んだ方が良いでしょう。

しかし、様々な事情でそうは出来ない方もいらっしゃると思います。特に地方在住で身近にアンティーク家具を扱っているお店がないために、購入を諦めている方などは多いのではないでしょうか。

そのような方はネットから家具を購入するのもひとつの手段です。ネット上には様々なアンティーク家具の販売店が存在します。またネットオークションのサイトから気に入った家具を落札するという方法もあります。

しかし、どの方法で購入するとしても、共通して注意しておくべきことがいくつかあります。まずはネットに上げられている商品の『素材、材質、サイズ』などがきちんと表記されているかどうかです。

お目当ての家具がどこの国のものなのか?あなたの部屋に収まるサイズなのか?周囲のインテリアとのバランスは合っているのか?この情報でそれらをチェックしておきましょう。

また、ネット上には大概商品の写真があげられていますが、写真と現物では色や風合いのニュアンスが違っている場合も多いものです。素材や材質がわかれば本来の色も予測出来ますので本当に自分の好みに合っているかがわかります。

そして、購入する場所の運営者の確認も重要です。どんなに気に入った家具があってもすぐには購入を決めるのは避けてください。代金と送料を振り込んだのに商品が送られてこなかったり、写真とは全然違う物が送られてきたりというトラブルは起こりがちです。

こういうトラブルを防ぐには、名前のある信頼出来るお店や大きな会社が運営しているネットショップを利用することが一番でしょう。個人経営のお店にももちろん良い店舗はあるのですが初心者が手を出すのはやめておいた方が無難です。

ネットオークションの場合はなおさら出品者の過去の経歴を良くチェックしておいてください。他のお客様からの評価コメントなどには必ず目を通しましょう。オークションの利用に慣れている方がいらっしゃったらぜひアドバイスを受けてください。

もし、可能ならば最初に小さな品を購入してそのお店が信頼出来るかどうかを確かめてみましょう。その折にメールで色々と質問してみるのも良いですね。何にしろ家具は大きな買い物ですから慌てず慎重にお店と品を吟味してください。

Read More

自分でも出来ちゃう!アンティーク家具のお手入れ方法

最近アンティーク家具の人気は高く、憧れている人は多いようです。それなのに、購入することをためらう人もまた多いようなのです。それはなぜなのでしょう?理由のひとつにせっかく手に入れても家具をきちんと維持出来る自信がないということがあるようです。

確かに時代を経て最近の家具とは作られ方も違うアンティーク家具は手入れが大変かも?と心配になってしまいますよね。ですが、実はそれ程難しく考えることはないのです。いくつかのポイントさえ気をつければ決して大変なことはありません。

アンティーク家具の多くは無垢材によって作られています。それにステイン(塗料)を塗った後、ハンドポリッシュと言われる職人手づから何度もワックスを塗り重ねていく手法で磨き上げられています。それによって自然な美しい光沢が生まれるのです。

そのようにして作られたものですので、アンティーク家具を管理する上で気を付けなければならないのは熱と水分、そして乾燥です。直射日光に当たらないようにすること、そして、冷暖房による乾燥にも注意してください。

テーブルなどの場合は熱い飲み物が入ったカップや冷たい飲み物が入ったコップを決してそのまま置いたりしないでください。そうしてしまうとカップの熱やコップのかいた汗によって輪染みが出来やすくなってしまいます。必ずコースター等の敷物を利用しましょう。

普段のお手入れは柔らかな布で乾拭きもしくは固くしぼったタオルで拭くことで十分です。木目に沿って丁寧に拭くだけでツヤが違ってきます。洗剤やアルコール剤を使うのは絶対にやめてくださいね。

1か月に一度は専用のワックスで磨き上げましょう。乾燥しがちな冬にはもう少しこまめに塗った方が良い場合もあります。家具のコンディションを見て判断してください。

アンティーク家具専門のワックスは主に天然の原料で作られています。まずスポンジにワックスを適量取って木目に沿って薄く伸ばしてすりこんでください。溝や彫刻がほどこされた部分などはブラシにワックスをつけてブラッシングしましょう。

ブラシは靴磨きなどにつかう馬毛ブラシがおすすめです。大小のサイズを用意して細かないところにまでワックスがすりこめるようにしてください。歯ブラシなどで磨くという声も聞きますが、傷をつける恐れがありますのでおすすめできません。

ワックスをかけ終わったら、パイル地のタオルで全体をざっと拭きあげてください。ひととおり拭き終わったら今度はウエスでツヤが出るまで念入りに磨き上げましょう。ウエスは古いTシャツなどの柔らかい布を使ってください。これらの作業を何度か繰り返すとより効果的です。

ただし、アンティーク家具は使われている素材と工法によって手入れの仕方も変わってきます。購入時にお店の方によく相談して手入れに関する知識も確認しておくのが良いでしょう。自分で手入れをして美しさを増した家具はあなたの宝物となるはずです。

Read More